にきび予防に食生活改善 ビタミンBをとろう

にきび予防にはバランスのとれた食事が大事です

特にビタミンB2とB6は皮脂の分泌を抑え
肌の新陳代謝を助ける働きをするので
美肌には欠かせないビタミンです

そして前回、ビタミンBなどが豊富に含まれている
納豆が美肌にはいいと書きました

↓ちなみにまだご覧になっていない方はコチラ
納豆を食べてニキビをなくそう

でも納豆が嫌いな方もいらっしゃいますよね

そんな方のために
納豆以外でビタミンBが多く含まれている食品は
どんなものがあるか書いていきたいと思います(^。^)

ビタミンBは相互に働き一緒にとると効果的なため
ビタミン剤はB群がまとめて配合されています

食べ物で補うのが一番いいのですが
足りない分の補助としてサプリメントでビタミンBを摂取して
にきびが改善されたという話も聞きます

例えばチョコラBBプラス などです

私は錠剤で飲んだことがありますがなかなか続きませんでした

この他にドリンクタイプもあり
私がにきびで悩んでいた頃は
チョコラBBのドリンクタイプはなかったのですが
チョコラBBスパークリング があるようで飲みやすいようです


PR



結局、私には、サプリメントより食べ物で補うのがいいようです
そこでビタミンB群のちょっとお勉強です

ビタミンBには、B1、B2、B6、B12
ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの
8種類が含まれています

それぞれの働きと代表的な食品を下に書きましたので
参考にしてみて下さいね(*^_^*)

まずは、皮脂の分泌を抑えるビタミンB2からです
★ビタミンB2が不足すると頭皮や皮膚があぶらっぽくなり、
べたつくようになります
☆代表的な食品は
レバー、豚肩ロース肉、うなぎ、かれい、いわし、ぶり
卵、干ししいたけ、ごま、納豆、牛乳、ヨーグルトなどです


そして細胞の新陳代謝を促し、細胞を再生するビタミンB6
★ビタミンB6は不足すると
口内炎ができたり、足がつったり、手足がしびれ
月経前に体調が悪くなったり妊娠中はつわりが重くなったりします

☆代表的な食品は、
レバー、鶏むね肉、鶏ささみ、まぐろ、鮭、さんま、さば、いわし
にんにく、赤ピーマン、バナナなどです


そしてその他のビタミンBです

★ビタミンB1は不足すると疲れやすくなると言われていますよね

☆代表的な食品は
豚ヒレ肉、レバー、うなぎ、鮭、大豆、きなこ、ほうれん草などで
野菜はぬか漬けにすることで増えます


★ビタミンB12が不足すると
貧血や肩こり腰痛がひどくなったりもの忘れがひどくなり、
不眠の症状がでやすくなるといわれています

☆代表的な食品は、
レバー、豚ロース肉
さんま、あさり、しじみ、さば、いわし、のりなどです


★ナイアシンが不足すると
肌が荒れたり口内炎ができたり二日酔いしやすくなったり
胃腸の調子が悪くなったりするといわれています

☆代表的な食品は、
豚ロース肉、レバー、鶏むね肉、鶏ささみ
まぐろ、さば、ぶり、さんま、いわしなどです


★パントテン酸が不足すると
疲れやすく免疫力が弱くなるので風邪をひきやすくなると
いわれています
☆代表的食品は
レバー、鶏もも肉、たらこ、うなぎ、鮭
納豆、さつまいも、干ししいたけ、卵などです


★葉酸が不足すると貧血になりやすくなるといわれていますね

また妊婦中や授乳中に不足すると
胎児では脳神経に障害が出たり
赤ちゃんの発育に影響がでるそうで
妊娠初期は特に葉酸を摂取したほうがいいと言われているので
葉酸のサプリメントをとる妊婦さんも多いです

☆代表的食品は、
レバー、枝豆、とうもろこし、春菊、ほうれん草
いちご、アスパラ、キャベツ、ブロッコリー、さつまいも、のり、わかめ、納豆など

たくさんあります

★ビオチンが不足すると髪が抜けたり白髪が増えたりつめが弱くなるといわれています

☆代表的食品は
レバー、いわし、玉ねぎ、卵、大豆、きなこ、牛乳などです


PR


長くなってしまいましたが全体的に見ると
レバーや青魚に多く含まれているようです。

みなさんは青魚を食べていますか?

あまり食べていない、又は食べる機会がないってかたは
次のページをご覧下さいね(*^_^*)
次は、ビタミンBを多く含む魚です

スキンケアランキングに参加しています(^^♪
クリックしていただくと他のスキンケアブログが見れます
★FC2 Blog Ranking☆人気ブログランキングへ

にきびに関する気になる他のブログ
にきび治療のためにエステ通い
肌があぶらっぽくなる原因

テーマ : その他 - ジャンル : その他